夢は医師。私の医学部予備校受験体験記


人助けをするという仕事が良いと思い
実際に予備校に通ってみて感じたことは高度な指導
難しい内容であってもわかりやすく教えて
現在は受験をしていた頃よりもハードな日々を

実際に予備校に通ってみて感じたことは高度な指導

医師を目指そうと思ったのも二年生になった頃でしたから、時間的な猶予もなくて悠長なことは言っていられませんでした。 そこでいままでは考えたこともなかったのですが、予備校に通わせてもらうことにしたのです。 決してうちはお金持ちではありませんから、どうなるかなと思ったのですが特に半端されるようなことはなく通わせてもらうことができました。 今までは予習復習だけで十分だったのですが、実際に予備校に通ってみて感じたことは高度な指導をしてもらうことが出来るということでした。 一応、進学校に通っているわけですから授業のレベルが低いわけではないのでしょうが、医学部を目指す予備校の講義というのは非常にハイレベルでついていくのが大変でした。