夢は医師。私の医学部予備校受験体験記


人助けをするという仕事が良いと思い
実際に予備校に通ってみて感じたことは高度な指導
難しい内容であってもわかりやすく教えて
現在は受験をしていた頃よりもハードな日々を

現在は受験をしていた頃よりもハードな日々を

さすがに受験当日は緊張しましたが、解答用紙を配られて問題がスラスラ解けることがわかると同時に緊張も解けて行けるという手応えをつかむことができました。 手応え十分のその感覚の通り合格発表があった時には特に不安もなく、合格をした時には全く不思議な気持ちはありませんでした。 合格したことを予備校の先生に真っ先に報告をすると自分のことのように喜んでくれて、それが一番嬉しかったです。 現在は医学部生として受験をしていた頃よりもハードな日々を送っていますが、このままのペースで夢であった医師になることができたら良いなと思ってます。